据え置き型wifiルーターはなるべく近い場所に置く

据え置き型wifiルーターを置く場合、最初に意識したいのが機器同士の距離の事です。接続するスマホやパソコンとルーターの距離が離れすぎると、通信速度が落ちたり、回線が安定し難くなります。家族みんながよくリビングで、ネットゲームやネットサーフィンをするなら、ルーターの設置場所はリビング内がベストポジションです。

玄関や勝手口周辺などに設置すると、遠く離れた部屋まで電波が届かず、いわゆる圏外の状態になる恐れがあります。もし間取りや住宅設備の関係で、設置場所を変えるのが難しい場合は、中継器を利用してみましょう。ルーターとネットをよく使う部屋の丁度中間に、中継器を設置すれば、電波の感度が落ちず、遠く離れた場所でも快適にネット回線が使えるようになります。

ルーター本体近くの環境に気を付ける

据え置き型wifiルーター本体近くに、電波を遮るような物があると、快適なネット利用が出来ません。ルーター本体を囲むように雑貨が置かれていたり、金属製の家具が置かれていると、ネット回線の状態が不安定になったり通信速度が落ちる可能性があります。ワイヤレススピーカーや電子レンジなど、ルーターの隣に強力な電波を発する電気製品を置くのもNGです。他の機器の電波が干渉し、ネット回線が正しく使えなくなる危険性大です。他の電子機器とはなるべく距離をおいて設置する事でルーター本来のポテンシャルを遺憾なく発揮できます。 据え置き型wifiルーターを設置する高さは、床から数えて1mから2m前後がベストとなります。床に直置きすると感度が悪くなりますし、本体にホコリが付着しやすくなるので非推奨です。

wifiルーターは様々なハードウェアをネット接続する事が出来ます。例えば、パソコンやスマートフォン、タブレット端末や家庭用ゲーム機などがペアリング可能です。