据え置き型wifiルーターは室内用です

据え置き型wifiルーターのデメリットは、文字通り据え置きの状態でしか使えない点です。携帯型のポケットサイズのルーターとは違い、持ち運ぶ事が出来ません。据え置き型wifiルーターはあくまで室内用であり、電源コンセントが常時要るため、基本はオフィスや家庭のリビング等でしか使えないので要注意です。観光地や出張先に持っていく事は現実的に厳しく、旅で使う場合は別途携帯用のルーターを購入したりレンタルした方が快適です。

ただ室内で使う分には特段不便な点はありません。据え置きと言っても室内で置き場所を変えるのは、とても簡単です。本体のサイズや重量はコンパクトなので、リビングから書斎に移動させるのも簡単ですし、1階から2階の個室へ移動させるのも楽々でしょう。

据え置き型wifiルーターは障害物に弱い

据え置き型wifiルーターは携帯型ルーターに比べて速度や通信の安定性が優れています。特に新しい通信規格の据え置き型wifiルーターは、長距離に強いです。ルーターの設置場所と実際にパソコンやスマホを使う部屋が遠く離れていても、快適にネットサーフィンが楽しめます。ただ新規格の据え置き型wifiルーターでも、障害物が機器の間に存在すると、通信速度やその安定性が減少します。

大きな家具や分厚い素材の扉、金属製のラックなどが間に置かれていると、ルーター本来のポテンシャルが発揮されにくくなります。そのデメリットを解消するためには、模様替えを行い、なるべくルーターとデバイスの間に物を置かないようにしなければいけません。家具を移動したり、ルーターの設置場所を再検討するなど、ちょっとした手間と労力がかかるのが玉に瑕です。

プロバイダーのwifiを無制限で使えるプランは、仕事や私生活でスマホの操作をする機会が多い人や、月々の費用が心配な人に向いています。